サプリメントの成分表示の正しい見かた

サプリメントの成分表示の正しい見かた
サプリメントを購入する時は、成分表示を確認することは大切です。

 

サプリメントの成分表示には、いろいろな情報が記載されています。成分表示を読んでいくと、そのサプリメントが合成か、天然のものか、添加物がどのくらい使われているかなどが見えてきます。

成分表示にはルールがある

成分表示にはルールがある
原材料は、使用されている量が多い順に表記しなければならない決まりがあります。材料の最初のほうに添加物が書かれているのは、そのサプリメントは添加物の含有量が多いことを示しています。

 

栄養成分の含有量は十分か、原材料に野菜や果物など食品が使われているか、アレルゲンが含まれていないかをチェックしてください。

 

原材料に、食品の名前ではなく、たとえばビタミンCなど栄養素の名前が書かれているものは合成のものが使われています。参考にするといいでしょう。成分表示を読んでも、曖昧で、よく分からないものには手を出さない方が無難です。

 

特定保健用食品のマークがあるものは、厚生労働省の審査を通過して認可を得ているという印です。その他、健康補助食品、栄養機能食品、BMPなども、そのサプリメントの品質を判断する指標になるでしょう。
ビタミン、ミネラルは栄養機能食品で、国が栄養素ごとに成分の規格基準を定めています。この基準に当てはまる食品に限り、効果を明記した栄養機能表示が許可されています。

 

メーカーによっては、自社工場ではなく、製造をほかの会社に委託していることがあります。その場合には、製造元と販売者の会社名に違う会社名が記載されています。

 

住所、電話番号、ホームページなど問い合わせ先の記載、輸入品の場合は輸入元、保存法、賞味期限、注意事項が記載されているか確認したほうがいいでしょう。

サプリメントの成分表示からどんなことが読み取れるか

サプリメントの成分表示からどんなことが読み取れるか
サプリメントには、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの5項目は必ず表示しなければならない決まりがあります。炭水化物の代わりに糖質と食物繊維と記載されている場合もあります。

 

エネルギーは、100gあたりか、1食分あたりのどちらかで記載されます。総容量には添加物の重量も含まれています。また、ナトリウム=食塩の量ではありません。食塩の量は、「ナトリウムmg×2.54÷1000=食塩g」で換算できるので、参考にしてください。

 

カルシウムについては強調表示の基準が定められています。決められた基準以上含まれている場合に限り、表示が許可されています。

 

上記以外の栄養素には自主性に任される表示項目で、法律で義務付けられていません。必要に応じて、製造者が自主的に表示することになっています。成分表示義務項目に続けて記載される、この任意部分が、製造者の製品に対する意識が反映されるため、サプリメントを選ぶ時の重要な指標になります。

 

添加物にも、天然由来のものもあれば、合成のものもあります。添加物は、サプリメントを成型するのにどうしても必要なものではありますが、原材料の最初の方にある場合は、必要でない添加物まで含有している可能性があります。

 

また、香料、光沢剤、乳化剤などは一括表示が認められていて「乳化剤」とだけ記載すれば、どんな添加物を使っているか表示しなくても、法律上問題はないとされています。成分に、食品、栄養素以外のものが多く記載されている時は、注意が必要です。