ウコンにも種類があるって知ってた?

ウコンにも種類があるって知ってた?
ウコンは、栄養ドリンクやサプリメント、お茶など、さまざまなものがあります。

 

コンビニに行くと、必ずといっていいほど目にするのが、ウコンが配合された栄養ドリンクです。ドラッグストアに行くとウコンのサプリメントもよく目にします。その他、健康食品を扱うお店には、ウコンの粉末が売られています。
お酒を飲む前にウコンを服用すると、二日酔いを防ぐはたらきがあるといいます。沖縄では、ウコンを煎じたお茶を飲んだりします。ウコンの持つ効果とはどんなものなのでしょうか。

 

ウコンの特徴であるクルクミンは、ポリフェノールの一種

ウコンは、インド原産のショウガ科ウコン属の多年草です。インドのほか、アジア、アフリカ、中南米の熱帯から亜熱帯の高温多湿な地域に自生し、現在50種類以上のウコンが発見されています。

 

中でもインドは、年間を通じて栽培が可能です。インドネシアで採れるウコンは、クルクミンの含有量が多く、薬効の強い変種が存在します。日本では、沖縄と鹿児島で栽培されています。その中でもよく知られているのは、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンの三種類でしょう。

 

ウコンにはポリフェノールの一種、クルクミンが含まれています。紫ウコンには、クルクミンのほかに、アントシアニンが含まれています。

ウコンの種類、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンとは

ウコンの種類、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンとは
ウコンは、秋ウコン、春ウコン、紫ウコンがあります。それぞれ含まれる成分の量が違います。

 

クルクミンは、ウコンの特徴成分です。春ウコン、秋ウコン、紫ウコンでそれぞれウコンの含有量が違います。秋ウコンが、クルクミンの含有量が最も多く、次いで春ウコン、紫ウコンはクルクミンと続きます。

 

紫ウコンはクルクミンの含有量が乏しく精油成分の方が多く含まれます。紫ウコンは別名ガジュツともいい、漢方薬にも使われることがあります。

 

ウコンの成分は地下にある根茎から抽出されます。クルクミンのほか、鉄やカリウムなどのミネラル、ビタミンC、カロチンが含まれます。

 

一般的に、サプリメントや栄養ドリンクに使われるは秋ウコンです。秋ウコンは、春ウコンに比べてクルクミンを10倍多く含みます。一方、春ウコンは、胃腸によく効き、抗がん作用のある成分やカリウム、カルシウムを、秋ウコンより6倍以上多く含みます。

 

ウコンは、ドリンクやカプセル、錠剤などのサプリメントのほかに、粉末も出回っています。味やにおいに少しクセがあるので、気になる場合は錠剤やカプセルなどのサプリメントで摂るといいでしょう。