亜鉛不足解消にはシジミ&牡蠣

亜鉛を含む食品 牡蠣
亜鉛は、細胞分裂や新陳代謝には欠かせない重要なミネラルです。

 

食物の栄養素を体内に吸収するためには、消化酵素のはたらきが不可欠です。亜鉛は、ミネラルの中で、もっとも不足しやすく、消化酵素をはじめ300種類の酵素の組成に欠かせません。

 

亜鉛が不足すると、細胞分裂の際にDNAが正しく分裂できなくなります。

 

亜鉛は、代謝が活発な組織や、成長期の子供、胎児の成長には特に必要なミネラルです。また、アメリカではセックスミネラルともいわれ、男性、女性共に性機能を向上するはたらきがあります。男性には、前立腺の機能維持、精子の生成、運動にはたらきかけます。

 

女性にはエストロゲン、プロゲステロンの分泌が促され、月経不順や無排卵を防ぎ、月経周期を安定させるはたらきがあります。また、毛髪の細胞分裂にかかわり、たんぱく質の形成を助け、薄毛を改善するはたらきがあります。

いろいろな食品に含まれる亜鉛ですが、欠乏することも

亜鉛は、体内で貯蔵できないため、毎日摂取する必要があります。ですが、いろいろな食品に含まれるため、毎日の食事をきちんと摂っていれば、不足することはありません。

 

亜鉛を含む食品は、牡蠣、牛肉、鶏肉、豚肉、ごま、ココア、海苔、わかめ、昆布、カニ、するめ、白米、ブロッコリー、納豆などです。特に牡蠣に多く含まれますが、日常的に食べるのは難しいでしょう。毎日無理なく食べる食品の中で、亜鉛を多く含むのは海苔です。

 

インスタント食品やジャンクフードなど、食品添加物を多く含む食品を多く食べていると、亜鉛は不足してきます。これは、食品添加物に含まれる成分がキレート化合物を作り出し、亜鉛の吸収を抑制して、尿と一緒に排出してしまうためです。また、インスタント食品にはフィチン酸が多く含まれていますが、このフィチン酸も亜鉛の吸収を妨げます。

 

亜鉛は30代後半から不足しやすくなります。高齢者や、医薬品を常用する人、極端な菜食で動物性たんぱく質の摂取量が少ない人、睡眠不足、強いストレスがある人などは、亜鉛不足になりやすくなります。

 

一日の摂取量の目安は、男性10mg、女性7mgといわれています。過剰摂取はふつうは起こりませんが、サプリメントなどで2gを超える量を摂ると急性中毒を起こすことがあります。

亜鉛が不足するとあらわれる症状

亜鉛が不足するとあらわれる症状
亜鉛が不足するとあらわれると、さまざまな弊害があらわれます。食欲不振や疲れやすさ、傷の治りが遅くなる、神経障害によるうつ症状、記憶力の低下、味覚障害などがあげられます。その他、酵素の組成にかかわることから、体内にたんぱく質がうまく吸収されなくなり、カゼをひきやすくなる、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの免疫異常が起こります。
また、亜鉛が不足すると男性ホルモンが増加するため、脱毛が起こります。

 

亜鉛は性ホルモンの分泌を促進するため、不足すると、男性では精液や精子の減少、前立腺肥大がおこるおそれがあります。女性では、月経異常や不妊症の原因になります。

 

亜鉛は赤血球はの構成成分でもあるため、亜鉛が不足は貧血の原因になります。亜鉛は、コラーゲンの生成にもかかわっているため、不足すると、シミやしわなどの原因になります。

 

できるだけ毎日の食事で摂取することがのぞましいですが、足りないときは、一時的にでも、サプリメントで摂取するといいでしょう。