サプリメントと健康食品って、どう違うのでしょうか?

サプリメントと健康食品って、どう違うのでしょうか?
日本とアメリカでは、医療保険制度がかなり違います。

 

日本が、国民皆保険制度であるのに対し、アメリカは、生命保険会社が医療保険を「販売」しています。そのため、購入した保険商品によって、補償の内容が違うため、医療費も高額になります。アメリカでサプリメントや予防医学が発達したのは、医療保険制度の違いが背景にあります。

アメリカでのサプリメントの位置づけについて

アメリカでのサプリメントの位置づけについて
1994年、アメリカ連邦政府は、栄養保持食品健康教育法を可決。これにより、サプリメントという、独立したカテゴリーを法律によって確立させました。

 

サプリメントは、「ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のうちのいずれかを配合していて、通常の食事を補うことを目的とした製品」であることと、「パウダー、カプセル、錠剤など、見た目の形状が食品とは違っていること」が条件です。

 

アメリカでは、サプリメントは、FDAにより厳しく監視されています。FDAによる製造工場や販売メーカーへの抜き打ち検査も行われており、基準を満たさないものに対しては、製品の販売停止、業務停止を執行することもできます。

 

また、栄養保持食品健康教育法により、すべての情報を開示しなければならないため、メーカー側は、都合の悪いの情報を隠すことができません。

 

EUでは、フード・サプリメントの制度があり、製品の品質に基準があります。

 

フード・サプリメントとされるものは、医薬品に近い形態のビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブが対象です。国によっては、西洋ハーブは「ハーバルメディスン」として医薬品の区分がされている国もあります。

日本でのサプリメントの位置づけについて

日本でのサプリメントの位置づけについて
日本で出回っているサプリメントは、錠剤やカプセルの他に、液体やふつうの食品の形状のものも含まれます。健康食品という明確なカテゴリーはなく、体にいい食品と、あいまいではっきりしません。法律上も「食品」として扱われます。

 

日本では、錠剤やカプセルなど、医薬品類似形態のものは、販売が禁止されていました。2001年に基準が緩和され、食品であることを明記すれば、販売が容認されるようになりました。

 

サプリメントは、食品衛生法の管轄で、一般小売店でも販売が可能なものとされています。また、表示できるのは栄養機能のみです。効果・効能の表示は許されていません。

日米でサプリメントの位置づけが違うのは、医療保険制度の違いが背景にあります

日米でサプリメントの位置づけが違うのは、医療保険制度の違いが背景にあります
アメリカと日本で、サプリメントの定義が大きく違うのは、医療保険制度の違いが背景にあります。アメリカでは、病気を未然に防ぐという意識が根底にあり、サプリメントは健康を維持するためのものという考えがあります。

 

日本では、サプリメントは、医薬品と明確に線引きがされています。効果・効能を表示することは、法律で禁止されています。